2005年8月 2日

現状維持

とりあえず食欲はある。
ボーっとしている時間は相変らず長い。
保温はまだ必要のようだ。

腰を据えて回復に向かうのを待つしか無さそう。
一番側にいてやりたい時期に、4日間(もしかしたら5日間)
離れ離れになってしまうのが一番辛いかも。

いよいよ明後日出発なワケですが
今日、羽田でエライ事が起こってしまったみたいで
こういう事が当日に起こると、もうアウト。
あああ、コエエヨ。

今日は帰りにオヤジが好きだった豆入りオカキを買いに行く。
近所のせんべいやに売ってたと記憶していたのだが
売っていたのは似て非なるものであった。
しょうがないので、それとのり巻オカキを購入。

兄貴がカードで一括払いしてくれていたツアー代と
ケラのチケット代を振り込む。
一気にオケラ化。

そういや、友達からコメントで
こんなイベントがあるのを教えてもらった。(知りませんデシタ)

HIROKO TANIYAMA & KERA meet MONTY PAYTHON

谷山浩子とジョイントかー。
ってか、川崎チッタッタに金曜日かー。
誰か「一緒に行ってもよろしくってヨ?」って人募集。

チケットはどうやら私がいない時に発売らしい。
谷山ファンって結構濃そうなんだが、売り切れになりはしまいか。

とりあえず帰ってきてから考えよう。
売り切れていたらそっと泣こう。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted by otama at 20:56 | トラックバック (0)

2005年8月 1日

ちょっと回復?

今朝、体重を計ってみたら39グラム。
具合が悪くなる前は42グラムだったので、やっぱり減っていた。

でも、今日は餌を順調に食べていた。
食欲はほぼ普通に戻りつつある。

オシャベリもちょっとだけ復活。
さえずりも少しだけどさえずっていた。

まだボーっとしている時間は長いけれど
昨日よりは回復したように見える。

カゴの外に出たそうに、出口の前にチョコンといたので
「ちょっとだけね」と出してあげたら、嬉しそうに肩に乗ってきた。
大好きなペットボトルのフタを見せると、嬉しそうにつついていた。

薬を飲ませるのは、ちょっと大変になったけど
でも、良くなっている!

神様、ありがとう。

まだまだ、元通り、とは言えないけれど
それでも回復しているのがわかる。

色々な人、本当にありがとう。
そして、センちゃん。まだまだお薬は続くけど、ガンバロウね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted by otama at 20:42 | トラックバック (0)

2005年7月31日

ボーっとしている

餌は強制給餌に踏み切らずに済んだ。
ポチポチ食べて、3~4グラム程度食べていたから大丈夫だと思う。

そいでも、元気がないんだ。
始終ボーっとした感じ。
たまに思い出したように、羽繕したり、ご飯食べたり、水飲んだりしてる。
でも、さえずりがない。オシャベリもない。

先生に「肝性脳症」を起こしている、と言われたので
そのせいだろう。

吐きはなし。一応普通に食べているので
急にどうこうなる、と言う事はないと思う。

それにしても、「いつもどおり元気になりました」とはとても言えない。。。
時間を掛けていくしかないのだろう。

明日からの昼間の温度管理に頭を悩ます。
知らず知らずため息は深くなる。
ベストを尽くすだけだな。
天気が(くもりにしろ晴れにしろ)安定してくれる事だけを祈ります。

そういえば薬を4種類貰ったんですが
脳症用の抗生薬の味が嫌いらしい。(笑)

今朝、夜と何となく2番目にその薬を飲ませたのですが
両方とも、バタバタと逃げていってしまった。

んで、4種類の薬の味を確かめてみると
確かに、嫌がる薬だけ、舌触りがザラザラしてて、ちょっと苦い。
明日の朝からは、一番最後にその薬を飲ませることにしよう。

早くさえずったり、オシャベリしたりするセンちゃんに戻って欲しい。
心からそう思う。


このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年7月30日

微妙過ぎるよ、キミ!

今日は、アメリカから一時帰国しているUO友達とデートの日でした。
本当なら、新宿でガッツリ遊ぶ予定だったのですが
もう、我が身辺はシッチャカメッチャカの状態だったので
我がホームタウンまで足を運んでもらって、昼ご飯を食べてお茶をしました。

会えてよかった。楽しい時間を共有出来ました。

そのデート中、鳥の主治医の先生から電話。
今日、本来なら学会に出るので先生は居ないはずだったんですが
入院患者さんでちょっと大変な患者さんがいたらしく、結局学会には出なかったので
「何時ごろセンちゃんを取りに来ますか?」という電話でした。
状況を聞くと、昨日からあんまり症状は変わってないとの事。
若干暗くなりながらも「5時ごろ行きます」と返事をし、4時過ぎにデート終了して
センちゃんをお迎えに行ってきました。

昨日から吐いてはいない、と言うことと
少しは自力で食べている、と言うこと、
いつもの慣れた環境の方がご飯を自力で食べる確率が高い、との事で
引き取って参りました。

今後のために強制給餌を憶えといた方がいい、とのアドバイスで
先生の真似をしてやってみたのですが、手が震えてうまく行かず。
結局今日の分は先生に入れてもらった。

先生曰く「肝臓が悪い子は今後餌の食いが悪くなる事が多くなって行くと思うので
強制給餌は憶えて置いた方が飼い主さんの負担が減ると思う。
かといって、どうしても出来ないものを無理やりやらせる気もないので
どうしても出来ないようなら、その時になったら通ってもらえばそれでいいし」との事。

出来るようになるのか、俺!

さてさて、家に帰ったセンちゃんは部屋に入るか入らないかのうちに
ヨーちゃんと呼び鳴きを交わし、イソイソといつものカゴに入っていった。
双方、よほど寂しかったらしい。
この2羽は、本当に「相棒」なんだなぁ、と思ったひとときでした。

保温は数日は続けなければいけないとの事で
今回は白熱球を使って保温する事にした。
したのだが。
32℃だと「ちょっと膨らみ」34℃だと「ワキを広げて暑いアピール」という
もう、お前はどれだけ適温枠が小さいんだ!と叫びたくなる状況。
そんな温度管理、俺にはデキネェ!!

今夜は一晩中明るくしておこうか、と思っていたのだけど
あまりの微妙さに降参してしまい、9時ごろ暗くして寝かせました。
31~2度ってところかな。(今カゴの中の温度計確認)

問題のご飯ですが、いつもに比べると食いはやはり良くはないけれど
食べようと努力はしてました。ちょっとは食べてたし。
強制給餌を夕方にして貰っているので明日の朝までは食べなくても平気との事だったので
それもあって敢えて寝かせた次第。

明るくて様子が見れるとどうしても見ちゃうし、
見られるとセンちゃんの方も「元気に見せなくちゃ!」と無駄な体力を使ってしまうので。

でも、力強く鳴いていたし、お得意の「センちゃん・・・」も1回だけだけど聞けたし、
さえずりもしていたし、カゴのそばに寄ると「ガシっ」と金網にへばりついてたから、
今回はコレでよくなって行ってくれると思う。
そう信じる。

オヤジの方ですが、再入院し、少し持ち直したとの事。
とりあえず、肩の荷は少々減少って所か。

明日から薬が4種類に増えてしまうセンちゃん。
強制給餌は、今日の按配が続くと、とりあえずはやらなくてイイ予感がしてます。
が、将来的には私が強くなってやらねばならんのだろうな。
強制給餌セットはとりあえず頂いてきました。

相変らずだが、言わせて貰う。
ガンバレ、センちゃん!
ガンバレ、オヤジ!
そして、ガンバロウね、オレ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年7月29日

本日退院ならず。

今日、会社を終えて迎えに行ったのですが
想像していたより悪く、今日の退院は見送りとなりました。

状況としては
・フンが出てなかった
・家で食べた種は夜中に吐いた
・餌を食べなかったので強制給餌
・朝、吐くも、投薬のおかげでフンは出るようになった。
・私が行った時は、少しだけど自力で食べた跡あり。

肝不全状態だそうですが
ココからリカバー出来る個体も多いそうで
そこまで悲観的にならざるを得ない状況、と言うわけでもない、との事でした。

私が行った時は
ご飯を食べている姿は見れなかったけど
羽繕をし始め、ちょっとだけど鳴いていた。

ガンバレ、センちゃん。
ガンバレ、センちゃん。

後、つい今しがた兄貴から電話があり、
私たちが間に合うか間に合わないかぎりぎりの状況になってしまったとの事。

ガンバレ、おやじ。
ガンバレ、おやじ。

頼む。
色々、折り合いつけて下さい>神様

ヨーちゃんがちょっと寂しそうだけど、元気にしててくれるのが唯一の救いです。

オレが折れたらダメだ。
ガンバレ、おれ。

そして、私の周りの命よ、シンクロするな。
そんなシンクロ、していらんから。


このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年7月28日

暑さ負け・・??

今日、キレイを見てきたんですが
帰ってきたらセンちゃんの元気がなくなっていて
感想を書ける気分じゃなくなってしまいました。

どうやら昼過ぎからご飯を食べてないみたい。
吐いた跡はなし。
防暑対策が少々甘かったか・・・。

大好きな種餌をあげたら少しは食べていたから
後は部屋をちょっと涼しくして(涼しくし過ぎると今度は寒がるから匙加減が微妙)
コレで元気になることを祈るばかり。

今のこの時期はセンちゃんの健康が私の元気に繋がる。
お願い。明日には元気になってて。

追記 (23:21)
やっぱり心配で病院に連れて行って
明日の会社の事もあるので、入院させて来ました。
明日には多分食べるようになると思うけど、
もし食べない場合は強制給餌となるそうです。

今日連れて帰る事も出来たと思いますが
そうなると明日会社に行っても心配で心配で胸が潰れてしまいそうになることが
軽く予想できたのでお願いして預かってもらう事にしました。

無事に自分から食べるようになってくれますように・・・。


このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年7月13日

3タテ

昨日、ブルーな記事を書きましたが
今朝になり、更にブルーになる事が。

ってか、センちゃんが元気がないんです。
今朝、食欲がなかったので、普段はペレットなんですが
種えさをあげてみた。
吐いてはいないもよう。

とりあえずたまにさえずったりはしてるし、羽繕いもしてるので
決定的に具合が悪いって事でもないんですが、
やっぱり普段に比べて元気はない。

この時期、センちゃんにまで弱られると、完膚なきまでに叩きのめされてる気がする。

原因は、恐らくこの数週間の気温の乱上下と私のナーバスな気持ちが連動したのとのダブルパンチではないか、と予想しております。

今日は病院が休みだったので、保温して様子見。
明日になってもあまり変わらないようであれば
会社から帰ってきて病院に連れて行こうと思っている。

ああもう、ブルー中のブルーですよ。
ため息しか出ない。

センちゃん、いつものように元気になっておくれ、と
神様にお願いしてみました。

明日の朝には、普段通りになっててくれるといいな。
頼むよ、センちゃん。


このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年5月 5日

4時間

センちゃんの鼻の色が最近変化してきた。
青々とした男らしい鼻の色から、茶色へ・・・。

こういう色の変化はヤバイと聞く。
精巣に腫瘍が出来た時、色が変わると言う。

実は1ヶ月ほど前から少しづつ色が変わってきているのに
気が付いてはいた。
いたのだけれど、腫瘍だったら・・・と思うと
病院に連れて行くのが恐かった。

が、いつまでも恐がってはいられない。
連休だから混むのはわかっていたけど、今日必ず連れて行こうと決心してました。

で、連れて行ったんですが
病院激混み!
結局6時半頃ついて、診て貰えたのが10時半。

結果は、可能性として2つ。
・肝臓が悪いので、要らない女性ホルモンをろ過する事が出来ず、茶色になってきている。
・腫瘍

元々肝臓が悪い子なので肝機能の低下のせいかもしれない、と。
下腹部を触診してもらったが、膨れてはいなかったので
とにかくダイエットして、肝臓のお薬続けてみて
痩せて鼻の色が戻ってきたら肝臓だろう、と。

様子を見てみてこのままどんどん茶色になっていったら
6月か7月頃レントゲンを撮ってみよう、
下腹部を触って、膨れてきたらすぐ連れてきて、と言うことに。

これからは2日に一回位はおなか触ってあげないと。
今日、触ってみました。この感触を忘れないように。

あーーー、しかし疲れたぜ。
でも、「今すぐどうこう」とか「後数ヶ月でどうこう」とか言うことはなさそうで
ちょっとホッとしましたです。

長生きして貰わないと!!
これからも頑張って育てますですよ。


このエントリーをはてなブックマークに追加