2017年6月10日

[ 戯言 ]

梅干し的な

最近スーパーとかで売ってる梅干しおかしくないですか?

甘いんだよね。
砂糖とか入ってるの。

例えば病気でおかゆさんのお供には甘い梅干しは有り得ない。私は。

で、今年は必ずや自分で梅干しをつけてやる、と思っていたのでした。

ついでに梅シロップも作ってやる、と思っていたのでした。

梅シロップは確か一昨年ぐらいに作った気がします。気がするだけですけど。

で、今日八百屋に行ったら中粒の青梅が580円。
お買い得。

1キロぐらいかな、と思って買って帰って色々準備してたら2キロってことが判明。

梅ジュース600グラム、梅干し1.3キロで作るムードになりました。

実は梅干しは青梅ではあんまりよくなくて、黄熟した梅がいいらしいんですけど
買ってきてしまったものはしょうがないですね。

実は梅干しは木で黄熟させたものがいいらしいんですけれど
買ってきたものはしょうがないので、家でちょっと放置して追熟します。

梅ジュースは明日仕込みます。

梅干しうまく行きますように~٩( ᐛ )و


このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年4月17日

ファイアボールとファイアボールチャーミング

アニメをあまり見ることがなかった私です。

ここ最近数作見て、友人に勧められたのがファイアボールという3DCGのアニメ。

animation_Fireball_1.jpg

見てくれはこんな感じ。

ディズニー・チャンネル及び東京MXで2008年頃放映してたみたいです。

最近じゃーんって思ってたけど9年前です。おっと。月日の流れはすごい。

っていうか今更9年前に放映されたアニメの話すんなよって気もしますが、気に入ったので。

一話が約二分の短いアニメで13話完結。30分あれば全話見れちゃうというお手軽さ。

話自体はどこかの星の未来っぽい所で、ドロッセルお嬢様(白い方)と執事のゲデヒトニス(黄色い方)の漫才みたいな会話劇です。

ただ、これをただの漫才と評してしまうにはちょっとあまりにも愛が溢れすぎている。

あはは、面白いね、では済まない気がしてしまうんです。

キン・ザ・ザのラストで泣いてしまうような、そんな切なさを持った話(というか映像?映画?アニメ?)であるわけです。

笑いに大切な間は完璧で、パロディの元ネタがわかってもわからなくても必ず笑える作りになっている。CGの絵や動きは丁寧につけられていて、音とのシンクロも完璧。

おまえたちロボットなのになんでそんなに(好きな言葉を入れてください)。と思うわけ。

で、お借りしたDVDをそっと箱にしまい、DVDをポチっと。
これは所有しとくべきDVDである、と思ったわけです。

で、シーズン2であるファイアボールチャーミングを見る。

チャーミングの方の見てくれは

visual-5.jpg

こんな感じ。

おや、お嬢様の足が太い。ゲデヒトニスもだいぶデザインが違います。
「らくちんよ」とお嬢様の声が聞こえてきます。

ファイアボールよりもチャーミングの方がより情緒的になったような、そんな気がします。
でも漫才的会話劇は健在。そして少しづつ崩壊する未来。

実は何かいい参考の動画でもないものかなとYoutubeを見たら多分全話上がっているようでした。
なので、探せば全話見れます。

ただ、なんか愛しいドロッセルお嬢様とゲデヒトニスの会話を違法動画で紹介したくないなぁ、とかまともなことを思ってしまい、ここに貼るのはやめた次第です。

でも見て欲しいので興味を持った方は是非。

見た後に感想などをあちこち見て回ったのですが、人を選ぶだろう、とのことなので、面白くなかったらごめんなさいね。

人の笑いには好みがございます。

実は去年は私にしては映画館に行った回数が普段より図抜けて多く、
シンゴジラ4回位、この世界の片隅にを2回見に行きました。
気に入ったらたくさん見る性分なので。

シンゴジラもこの世界の片隅にも相当気に入ったのですが、ファイアボールはキン・ザ・ザを見たときの衝撃がありました。

言いすぎかな。

いや、好きさ加減としてはものすごく近いものが。

そうやって、私はファイアボールチャーミングもポチッとしたわけですが、ちくわぶボックスがほしかったのでこっちは新品(だとプレミアが付いて高くて)無理だったので中古を買いました。

うーん、こんな文では良さはちっとも伝わらないのはわかるんだけど説明が難しいなぁ。

ま、見た瞬間からDVDが欲しくなる魔法の3DCGアニメってことで。


このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年10月 4日

[ 戯言 ]

メモリの威力

やっぱりメモリ4G(32bitだったから実質更に少なかった)じゃ足りなかったんや!

とっとと64bitのOSに入れ替えて快適生活を送ればよかったんや!

というのがOSを入れ替えて数日経過した私の心からの意見です。

互換性とか全然関係なかった!(多分w)

スワップしないって素晴らしい。

これでこのPCは多分あと2年は生き延びたね。
下手するとWin7のサポート期限が切れるまでイケるかもしれない。(無理かな)

まぁ、とにかく買い換えなくても全然OKな感じでバッチリ動いてる。

本当にあの時パッケージ版のWin7を社販で買ってもらえてよかった。
買ってくださった人に感謝ですよ。

やっぱりメモリの量は正義ですだ。

懸案だったテレビチューナー&ソフトも機嫌よく動いており、
録画も出来、追っかけ再生も出来る。
ナイスです、ナイスです。

幸せすぎて怖いッス。


このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年10月 2日

[ 戯言 ]

ノートパソコンのOSを入れ替える

買ったときはWin7の32Bit版でした。

しかし32bitだとメモリの認識が3ギガちょいちょいなんですよー。

で、買ったときはそれでも十分だったんですけれども、やっぱり時代とともに。

まぁ、それと前後して、当時某「小さなやわらか」社にお努めだった方に社販価格でWin7のスタンドアローン版を分けていただいて。

本当は当時持ってたデスクトップも7にしちゃおうかなって思ってたんだけれど、結局なんだかんだでWin7Homeだったノートの方のOSを買った方に入れ替えちゃったんですね。
多分HOMEEditionが嫌だったんでしょう。

スタンドアローン版は32bitでも64bitでも選ぶことができたんだけど、
おそらく互換性を気にして32bitをインストールして早幾年。

長らく使っていたブラウン管型のテレビが壊れたのが今年の7月とか8月とかかな?
(アナログ変換チューナーでテレビ見てたw)

で、もういっそパソコンでテレビ見れるようにしよう、とパソコンの外付けチューナーを買い、取り付け、ソフトやドライバをインストールしました。
すると、みるみる崩壊していくシステム。

いやー、あんなに激しいエラーと再起動の度の長時間のチェックディスクにはダメージを受けました・・・。

最初から入ってたノーパソの基幹的なソフトがどんどん立ち上がらくなってってさ。

テレビも、BSとか見れる用の買ったのに、BS見ようとするとエラーが出てさ。

で、一回8月の末に入れ替えようとしたんですけれど、我がノートパソコンの内蔵DVDドライブが壊れててインストールCD読み込まないんですわ。

外付けUSB接続のDVDドライブからのBootもせず、やや途方に暮れてその時は諦めた。

しかし、結局何度もソフト入れ直し、しまいには、2回に1回はブラウザを再インストールしないと立ち上がらなくなって、これはもうだめだなと。

で、もう一回トライすることにしたら、なんでかスルッとUSBドライブからBootしました。
ヤッホー!

無事再インストール出来、4Gじゃ流石にメモリが足りなくなってきてたので、この円高の今!ってことで8Gを二枚買い、挿し、そして今私は幸せです!

問題のあるテレビチューナー&ソフトも今のところご機嫌よく動いてます。

いらないソフトを一掃出来たので、レジストリもきっと軽々としているでしょう。(今のところ)

ブラウザの状態、メーラーの状態などは簡単に復旧出来たので、あとは必要なソフトを必要なときにインストールしていけばいいかなって。

いや、メモリでかいといいね。かるいね、嬉しいね。

と、久々のブログでございました。

まぁ人生色々あるけど元気ですよ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年6月28日

[ ]

Ingress AegisNovaTokyo

参加します。勝ちたい、勝ちたい。


このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年8月15日

[ 戯言 ]

日本のいちばん長い日(67年)

今年の夏も戦争ドキュメンタリーが多い。
大体8月に入ってから増えていくけれど、
今年は70周年だから、更に増えているのかな?

よくわからないけれど、ドキュメンタリーはなるべく見るようにしている。
ドキュメンタリーには作る側のバイアスが云々という話もあるが
それはもう何を見ても作り手が介在する以上どうすることも出来ないし、
自分が見たら自分バイアスが掛かるので。

というはざまに、日本のいちばん長い日という映画をテレビでやってたので見たのです。

見始めた時は何故か黒澤明の監督作品だと思い込んでいたのですが(三船効果かな・・)岡本喜八の映画でした。

これ、リメイク版が今現在上映されているみたいね。

にしても壮絶な映画でござんした。
不勉強にて、こういうクーデター未遂があったこと、この年まで知らなくて恥ずかしい。
まーでも死ぬまでに知ったからセーフ。

どうも古い映画はテンポが合わない気がして苦手だったのですが、
古くても新しくても、いいモノはいい、って教えてくれてありがとう、岡本喜八。

二時間半という長めの映画だったのに、見入ってしまいました。

これは映画館で見たいかもなぁ。

大森でやってるみたいなので、行くかどうか。

来年でいいかな。


このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年7月20日

[ 戯言 ]

体温上昇のわけ

ずっと低体温症だったんです。
寝起きの基礎体温は大体35度4分とか。もっと低い時も。

で、今回入院いたしまして、毎日三回位体温計りましょう?
そしたらば、36度2分とかに上がってるんですよ。

なんかとっても普通な体温になってて、嬉しいんですけど何故上がったのかが退院してからも謎だったんです。

まぁ入院前に血流をよくすべく、入浴剤を用いて、普段よりもウンと湯船に浸かってたけど、それだけでどうにかなるかといえばならなさそうだし。
っていうか、以前も湯船になるべく入るようにしてた時期あったけど、上がらなかったし。
で、何でだろう、と。

しかし、今日、雷に打たれたが如く理由がわかった。

タバコやめたからだわ。

そんで血流がよくなったからだわ。

ナルホド!

体温が1度上がると免疫力が30%アップらしいので、まぁこのまま止めるのが吉なんでしょうなぁ。

ちなみに禁煙74日目です。
もうほとんど苦労はしてないです。

----
手術後一週間ぐらいかなぁ。
ほぼほぼ眠れない日々が続きまして。

というか、点滴で痛み止め入れてた時は多分ちょっとは寝れてたんだと思うんだけど、その後、飲み薬(しかもロキソニン)のみになり、ロキソニンもなくなり、ってなって、寝れなくなった。
あ、そーいえば、手術の翌々日とかに、ずっと続けてた薬の離脱症状(まる二日以上飲んでなかったから)で、やたら音が大きく聞こえるようになって、かなり大変でした。
それに加えて、いつもの睡眠導入剤を飲んでも2時間とかで目が覚める。
導入剤を強くしてもらっても同じ。っていうか、22時が消灯だったんですが、23時半とかに目が覚めるんですよ。まだ今日じゃんっていうガッカリ感が半端無かった。

で、なんとかうつらうつらするのに1時間とか掛かって、その後30分位で目が覚めるを繰り返して夜中の3時にはもう諦めてIngressやってた。

背の高い病院の16階とかに入院していたので、夜景はとてもキレイだった。

そしてすぐ近くに見えたオフィスビルの残業っぷりが異常だった。(オフィス内の電気が消えない事による推察)

まぁ、その後徐々に眠れるようになった、と思うので、多分痛くて眠れなかったんだと思う。

でも一ヶ月以上経過した今、結構色々痛かった事や苦しかった事などを次々と忘れてるので、人の忘却力ってすごいなぁって思います。

っていうか、忘れていかないと生きていけないのだと思う。


このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年7月 6日

[ 戯言 ]

復職のゆくえ

今日は、退院後最初の診察だったのだ。

まぁ経過は順調ってことで。

順調な割には、来週から仕事に復帰出来る気が全くしないので、復職はいつ頃が適当かを再度聞いてみた所、「手術後二ヶ月あれば安心ですね」との返答。

あれ、退院するときは術後一ヶ月という事だったのでは?と聞いた所、「ああ、本当に最低で一ヶ月、どうしても早く復職したいなら一ヶ月ってことです」と笑顔で言われた。

ダヨネ。

だってどう考えても、午前中だけで帰る、とかで考えても、来週から復職って無理。っていうか、それってみんなこんなにツライ事を平然とやっているのかしら、と思ってた。

甘えじゃなかったよ。ママン。

ということを会社に相談したところ、夏休み(お盆休み)明けに復職かね、と言う事で双方塩梅良く決まりました。

しばらくはスイッチと二人で隠居生活しまーす。


このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年7月 4日

[ 戯言 ]

食事のこと

入院し、病院食を食べててよくわかったこと。

普段カロリー取り過ぎてた!
(薄々は感じてましたが・・・)

病院食は常食(制限なし)で、一食大体600キロカロリーで作成されてましたが、
600キロカロリーだと、油はほぼなく、量もあんなもんだ、という事を学習したわけです。

そして、もう一つ。

野菜、別に生でもいいんだなー。ってこと。

で、まぁ退院して来て、私には珍しく野菜をなるべく取ろうとしているわけです。

で、生でも構わない、と言う事に気がつき、「しりしり器」なるものを購入。
なんでもシリシリしてドレッシングで和えて食ってます。
捗ります。楽ちんです。楽ちんが一番大事です。
そしてなんだか健康的です。
ムードも大事です。

なるべくこんな感じで過ごしていきたいな、と思ってます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年7月 2日

[ 戯言 ]

パラマうーんとラクよ

今回、手術が終わってからしばらく頭を離れなかったのは
私の好きな桜玉吉のマンガ「御緩漫玉日記2」で玉吉先生が腹膜炎で入院してた時のエピソード。
ずっと仰向けで腰痛が本当に辛かった話とか、パラマウントベッドの話とか、最初起きれなかったのに、数日で起きれるようになって人間の回復力って凄いって話とか。

私も絶対起きれないって思ってたけど手術翌日には歩いて(凄い無理したけど)、翌々日には更に大丈夫でした。
ベッドに渡してあるテーブルも絶対使えないと思ってたけど、一週間後ぐらいにはPCセットして使ってたし。

切ったのが内臓じゃなかったってのは大きいと思う。

回復力は結構あったみたいですけど。

あ、でも皮膚はやや弱い、カモ。


このエントリーをはてなブックマークに追加