2012年8月16日

オーケストラFUKUSHIMA!2012 オープニング

さて、郡山に着いてチェックインまで時間があるので、昨日の長くて楽しかった1日の事をつらつらと書こうかなと思います。

起床は7時。ゲゲゲの女房見たり、シャワったり、アルプスの少女ハイジの編集版後編を見て、「クララって案外簡単に立ったんだな(編集版だからそう感じただけでしょう)」と思ったりしつつ、10時半ごろ出発。

朝昼兼用の食事をしようとさ迷うも、時間が半端でなかなか頃よい店が見つからない。
うこうしているうちに、11時になり、昨日の喫茶店が開店時間になっていることを知り、転がり込む。

オムライス!!
DSC_0160.jpg

12時過ぎに会場に向かう。
イベントは13時からだけど、準備は12時からやっているので、荷物置き場に荷物を置いて、旗を貰って、尻ポケットにさして、いざ商店街へ。

歩行者天国になった商店街に敷き詰められた旗、旗、旗。
DSC_0167.jpg
しかし、これをさ撮影してて夢中になって、私はもらった旗をあっという間になくしたのでした...。

再びすごすごと旗をもらいに行ったのですが訳を話して謝ると旗配りの女性は「拾われてその人が持って帰るかも知れないから良いのよ!」と明るく言ってくださり感激する。

福島のひと、いい人だよ!!

13時頃から人がぼちぼち集まりだし、あちこちからセッションがはじまる。

そして15時からオーケストラFUKUSHIMA!がはじまる。

坂本龍一氏やもんじゅくんや木村真三氏、和合さん、ミチロウ、そしてもちろん大友さんの姿が。

教授は台に上がることもなく、参加者に徹してました。

偶然隣り合わせで音を出してたのですが、なんと休憩に入るときにマトリョミンが気になったらしく、声を掛けられました。ウホw

休憩を挟みつつ、17時頃まで演奏は続く。
旗持ち隊が踊り、異様な盛り上がり。

私的ハイライトは、和合さんの朗読でした。

オーケストラに合わせて蒸気機関車の詩を叫ぶ和合さん。

読み終わった後、手に持っていた原稿そ空に投げる。

青い空に舞う原稿の紙がとても綺麗だった。

イベント後、ご飯を食べてホテルに戻り一休みして、街中音楽解放区夜の部を見にライブハウスへ。

大友さん、ピカさん、チャンチキトルネードのサックスのひと、テニスコーツ、七尾旅人がゲスト。

七尾さんのダンケシェーンのテーマソングが個人的にツボ。

その後、場所を変えて本日のファイナル。

ミチロウソロは、一曲目、少年のように街に出ようで泣きそうになる。

ミチロウは「毎年8月15日、福島が一番楽しい場所になるといいなあ」って言ってた。

私もそう思うよ、ミチロウさん。

後半は大友さん、岡地さん、とトリオで。

素晴らしいセッション。
最後の曲は、メシ喰わせろ。

足は履き馴れないサンダルでマメたらけになったけど、本当に参加してよかったなあ。

さて、今日はスターリンだぞ!

今からホテルに参ります~


このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted by otama at 01:00
TrackBack
このエントリーのトラックバックURL:

※商品宣伝等のトラックバックは削除する場合があります。
コメント

おお、教授に話かけられるなんて、かっこいい!(笑
ほんと、楽しそうなイベントです〜〜〜♬
そんなふうに人が集まってくるっていいね。

Posted by: ひなた at 2012/08/16 15:06

>ひなちゃん
そーなのよ。まさか話しかけられるとは。。

そして、最終的には福島が楽しい場所になるといいなって思います。

Posted by: otama at 2012/08/18 23:44
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?