2012年5月16日

ついに出た、連打病

私が持っているXperia miniの持病とも言える、連打病。

時の運(個体による出来不出来)かと思ってたんですが、結構な確率でなるみたい。

どういう症状かというと、バックキー(矢印キー)を触ってもいないのに、連打されるようになり、本体で何も出来ない(アプリなども全部終了される・・・)のですね。。

夏のような気温の一日になった今日、つい先ほど発病いたしました。

バックキーを押すと震えるように設定しているので、本体がブブブブブと勝手に震えて、アプリとか入力しかけの文字とかが全部終了されてしまう。

おー。なんてこと。

で、対策をうちました。

rootを取ってればかなり簡単ですが、連打病が出てないスキを狙って作業しなくちゃいけないため、そういった意味でやや苦労・・・。

出始めないうちに対策を取ったほうがよろしいようで。

対策はこちらを参考に行いました。

流れを更に詳細に書いておく。

1.rootを取る(自己責任)
2.Gscript Liteをマーケットからダウンロード
3.

dev=/sys/devices/platform/spi_qsd.0/spi0.0
fw=touch_smultron_sony.hex
cyttsp_fwloader -dev $dev -fw /system/etc/firmware/$fw -verify_only
sleep 5
reboot -p

というスクリプトをなんらかの方法でコピー
4.Gscriptを立ち上げて、メニューからAdd Scriptを選んで、renda.sh(拡張子があってれば名前は何でもよろし)というファイルを作成して、本文に先ほどのスクリプトをセーブ。
5.すると電源が切れるので、立ち上げれば多分治ってる。

自信がなかったら立ち上げた後、もう一回Gspriprを立ち上げると、先ほど作ったファイルがあるので、ファイルを長押しすると、Runというメニューが出てくるので、Runさせてみてもいいでしょうw

参考にしたブログによると、

やはり原因はタッチパネルの情報がずれてしまうことみたい。 最初はまともに動作するんだけど、だんだんとタッチパネルの認識エリアと実エリアの情報が食い違ってしまい、異常な値を返すようになったと推測。

という事らしいので、定期的に実行した方がいいのかな。

まぁ、対策があるならばいいや。

あ、イーモバで日本発売のヤツを買った人は、堂々とイーモバにクレームつけるとよかごたるよ。

私は輸入品で元々root取ってアレコレしてたので、自分で対策を取ったまででございます。

ってぇことで、しばらくは大丈夫、かな?

やれやれでござる。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted by otama at 22:16
TrackBack
このエントリーのトラックバックURL:

※商品宣伝等のトラックバックは削除する場合があります。
コメント

おれのmini pro病気でないなりよ

Posted by: たけすぃー at 2012/05/18 13:59

>たけすぃーさん
なんか、miniだけの病気っぽいですよ。
こわやこわや。

Posted by: otama at 2012/05/29 23:21
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?