2006年9月 2日

噂の男(パルコプロデュース)

噂の男を見てきましたヨ。

噂の男(2006/9/1ソワレ)
於  パルコ劇場
作 福島三郎
演出 ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演 堺 雅人 橋本じゅん 八嶋智人 山内圭哉 橋本さとし 猪岐英人 水野顕子

最初は男5人の芝居だったが、ケラの潤色により他2名が追加されたらしいです。

以下ネタバレ

橋本じゅん、うますぎ。
橋本家の漫才は、春子ブックセンターの漫才より漫才らしかったのは
大阪弁だったからであろうか。

とにかく橋本じゅんに尽きる芝居であった。
各所で大絶賛されていたけど、私にはイマイチ合わず。
っていうか、アキラが殺されるシーンで「お前かよ!何故お前が殺す?!わかんない!」と思ったんですが、ネット上を見るとソコを突っ込んでいる人が殆どおらず「ああ、オレだけの感想」的疎外感を持つ。
ってか、正直そこで冷めた。

後、堺雅人の支配人姿が内村にしか見えず。

山内さん、キレイ。
ヅラサイコー。前髪ブラボー。

殿様扮装でチョンマゲに花を咲かせ手になまずを持ったトンチキな姿にちょい惚れ。

部分部分では笑いも取れ、まぁ楽しかったと言えなくもない感じだったけど
後味的には、「カメレオンズリップ」路線かなぁ?と。
あくまでも印象のみです。はい。

ですので、オレ内ケラ路線の中では「あんまり好きクない」路線でありました。

橋本じゅんがよかったねぇ、って感じ。
力量あるなぁ。狂ったときのあのブラックホールのような目がすげぇと思った。

うーん。オレ的には残念感の残る出来でありました。

大絶賛なんだけどねぇ。ヨソでは。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted by otama at 01:45
TrackBack
このエントリーのトラックバックURL:

※商品宣伝等のトラックバックは削除する場合があります。
コメント

 すごく観たいと思ったんだけど、お金のない時に前売り発売で
どうしようと思ってもう一度キャスト欄を眺めたら「無理してでも
観たい」役者さんがいないことに気づいて、これはわたしが
みなくてもいいだろうと思ってやめちゃった。それになんとなく
原作に不安があったんだよね。
 るーちゃんの感想読んで、わたしの想像はそんなに外れて
なかったようだと思いました。ありがとー。

Posted by: みよこ at 2006/09/02 21:34

>みよこ
うーん、どうだろう。ヨソでの評判はとてもいいみたいだから、
この感想はかなり特殊なのかもよ?
「この深さをわからないなんて!」と思われるカモシレマセン。

Posted by: otama at 2006/09/03 01:22
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?