2015年7月 2日

パラマうーんとラクよ

今回、手術が終わってからしばらく頭を離れなかったのは
私の好きな桜玉吉のマンガ「御緩漫玉日記2」で玉吉先生が腹膜炎で入院してた時のエピソード。
ずっと仰向けで腰痛が本当に辛かった話とか、パラマウントベッドの話とか、最初起きれなかったのに、数日で起きれるようになって人間の回復力って凄いって話とか。

私も絶対起きれないって思ってたけど手術翌日には歩いて(凄い無理したけど)、翌々日には更に大丈夫でした。
ベッドに渡してあるテーブルも絶対使えないと思ってたけど、一週間後ぐらいにはPCセットして使ってたし。

切ったのが内臓じゃなかったってのは大きいと思う。

回復力は結構あったみたいですけど。

あ、でも皮膚はやや弱い、カモ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted by otama at 21:57
TrackBack
このエントリーのトラックバックURL:

※商品宣伝等のトラックバックは削除する場合があります。
コメント

退院ですか。おめでとうございます。やはり家がいいですよねーー。(とTwitterと同じことを書いてみましたw)

私も去年入院した時に手術したのですが、昼過ぎに終わって夕飯前には点滴引きずって歩かされました。麻酔が抜けてなくてちょー気持ち悪かったのに。夕飯も出ました。入院時一番つらかった出来事です。

Posted by: なおみ at 2015/07/04 17:17
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?