2009年10月 3日

バリ・ウブド 3泊5日の個人的点検隊 〜バリ到着

迎えに来てくれてたバリの現地ガイドさんの名前はムジさん。
名前を忘れがちな私は、「柄物のシャツなのに、名前は「無地」さん」と必死に頭に叩き込む。

私たちが現れた時「やっときた、よかった」的ムードだったので
「たくさん待ったでしょう?大丈夫だった?」と聞いたらば
「車の中で寝たりして待ってた」とのこと。
バリの飛行機は結構遅れるのか?と聞いたらば、ちょいちょい遅れるみたいなムードのことを言ってたような。

デンパサールからウブドまでは約1時間。
ムジさんは一生懸命あんまり上手でない日本語で喋ってくれるが
いかんせん夜中の2時だか3時だかなので、会話の内容あんまり覚えてない。

そういえば、ウブドの近くに「キンタマーニ高原」という有名な観光スポットがあるのだが
「日本語では別の意味ね!私知らなかったけど、キンタマーニ高原という度にお客さんが笑うから
日本語でどういう意味があるのかお客さんに聞いたら教えてくれたね!」と嬉しそうにシモネタ披露。

ガイドが必要な時は、ツアーもあるから連絡をくれ、という事でコピーでこしらえたオプションツアーが入った袋を貰う。

真夜中のバリの道。
デンパサールはかなり都会の立派な道路であった。
割とラフな運転をみんなするので、友達が「ココでなら運転できそう!」と言っていたが
ウブドは山の方なので、ウブドに近づくにつれ、曲がりくねった細い山道が多くなり
「前言撤回」とションボリとつぶやくトモダチであった。

途中にすごく大きな像があり、暗闇でライトアップされてすごく感動した。
後で通りかかる機会があったら撮影したいな、と思ったんですが
残念ながら機会がなかった。
スーパーに行く時に見かけたからウブドの中だったと思うんだけど。

そして真夜中にホテル(というかコテージ?)に到着。
みんなもう寝静まってる様子。
ホテルの人に部屋に案内してもらって、到着。

ちょっと休んでから、シャワーを浴びることにしたんだけどすげー寒いの。
で、お湯が出るまでに超時間が掛かる。(笑)
シャワーカーテンなどもないので、立って浴びることも出来ないお風呂だったので
体の汗をざっと流す程度で風呂を後にする。

で、シャワー出た後、グッタリとタバコなどを吸っていたら、
トモダチが「今鶏が鳴いたよ?」と。
今何時だよ、っつーことで時計を見たら4時半であった。。。

そりゃ、ニワトリも鳴くでしょうよ。

あわわ。やばいよやばいよってコトでバタバタと寝ることに。

流石に疲れもあってか、あっという間に寝入りました。

寝しなに「ああ・・・明日(っていうか今日)の朝飯のオーダーしてない・・・」と思いつつ・・・。

---
今朝、「お、風邪が快方に向かっている」と実感。
熱も昼過ぎには平熱になった。
まだ、本調子ではないけど、この土日で体調は整いそう。

ご心配おかけしましたのこと。
---
ヒラサワのP-MODEL30周年、ソロ20周年の企画、「還弦主義8760時間」がやたら面白い。
5本のイントロダクションムービーを皮切りに
過去の曲をストリングスでリアレンジすると言う企画。

ファン投票も一応用意されているんだけど、結果的には「オレが決める」といういつもの骨太方針。
既にファーストからはアートブラインドが平沢の手でチョイスされ、実作業に入っている。
とてもアートブラインドに聞こえない・・・。
リアルタイムにTwitterなどで報告されているので、興味がある方は是非どうぞ。

凝集する過去 還弦主義8760時間
イントロダクションムービーはこちらから。

リアルタイムでの長期にわたる企画は初参加なので、ワクワクしています。

ライブも来年の2月末に行うそうですし!(ノンタラだと思う)

っていうか、このおじさんは、いつも本当に面白いこと考えるなぁ、、と思う。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted by otama at 20:52
TrackBack
このエントリーのトラックバックURL:

※商品宣伝等のトラックバックは削除する場合があります。
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?