2005年3月 3日

今朝また吐いた

朝起こした時は元気イッパイだったのに
会社に行くギリギリ前に
センちゃんが吐いているのを発見。

うう。前回(1/10)と同じ吐き方だ・・・。

しょうがないので
「(小鳥が)体調不良なのでお休みします」と
カッコ内の部分を省いて会社に連絡。
スミマセン。私にとっては家族なので。

また、水を飲みすぎていたようなので
水を一旦カゴから取り外して、
ゴハンをペレット(猫で言うカリカリのようなもの)から
好きな種餌に変えて暫らく様子を見る。

数時間後にはゴハン食べて
囀ったり、毛繕いをしたりと
とりあえず元気になっておりました。

食欲が戻らないようなら病院に連れて行こうかと思ったが
今は元気を取り戻したし
寒い中、連れて行くリスクを考え
肝臓の薬も貰っていて飲ませている最中だし
前回吐いた1/10に病院に連れて行った時も
食欲が戻ったらうちで様子見、だったので
とりあえず今日は病院へは連れて行かなかった。

寝かせる前にそのうを触って見たが
餌はパンパンに入っていたし
最初に吐いた後に吐いた形跡はなかったので
とりあえず通常に戻った、と判断。

今、換羽中なので
肝臓に負担が掛かっているのかなぁ。。。

明日の朝、また吐いたらどうしよう、という心配は残るが、
まぁ、吐いたら吐いた時心配しよう。

湿度のコントロールが最近甘くなってきていたので
その点をもう少しちゃんとやっていってあげないと。
反省。

私にとってセンちゃんは本当に本当に愛して止まないかけがえのない存在だが
彼ももう8歳半だし、
このままずっと長生きしても同じように可愛がるし
もし寿命が近くまで来ていたとしても
その時に悔いが残らないよう、思いきり可愛がろうと思った。

私が側にいて、面倒を見て可愛がることが
一番なのだから。

命は限りあるもので
だからこそいとおしいのだ、と。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted by otama at 20:28
TrackBack
このエントリーのトラックバックURL:

※商品宣伝等のトラックバックは削除する場合があります。
コメント

動物と一緒に暮らす者にとっては、すごく考えさせられる日記でした。
自分より短い命だからこそ、一緒に過ごす一日一日がより貴重なんだよね。

日々邪険にしていてごめんよ<ウチの猫

Posted by: ごまー at 2005/03/04 17:24

やー。
どうしても早く逝ってしまう存在だからねぇ>ペット
逆に私が早死にしたらそれこそ大変だからこそ
いつか来る日に備えなければ、と思うんだけど
常に側にいるだけに、感じにくいんだよね。
私も日々反省ッスよ。。。

お互い少しでも長く一緒に居れるよう
努力しましょう〜。

Posted by: otama at 2005/03/04 22:02
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?