2013年3月23日

電王戦第一局

いい色白である、青森出身の阿部光瑠四段VS習甦の対局であった。

朝から観戦。

いい色白、光瑠くん、勝ちましたよ!

ほぼ危なげなく。

ただ、今回のは光瑠くんは結構いい条件だったんだよね。

ソフト側の竹内さんの好意により、ソフトの貸出があったし、
PCはハイスペック(コア8×2)ながら一台だったようだし。

来週のサトシン(ギターの方)は、作者が「勝負だからソフト貸与はしない」とのことで
ぷちヒールな感じになってますが、まぁそれはしょうがないっちゃしょうがないかもだが、
サトシン不利であるよ。

後手番だし。

頑張って欲しいけどね。

どうなるか。心配であります。

途中ゲストで出てきた三浦八段の弟弟子の阿部健治郎五段が、またいい色白でした。

頭がいいツンデレキャラだったし。

あべけん五段は、山形出身だそうです。

やっぱ東北はいいなぁ。(色白的な意味で)

---
今日のスイちゃん。

朝はそうでもなかったが、昼の放鳥時の前半、急に手が嫌いになった。

絶対手に乗ろうとしないし、頭ばっかりに乗って、手を出すと逃げまわる。
(噛まないけど)

これが噂の反抗期かと思うが、後半は、なんか普通に手に乗ったり掴まれたりしてました。

あらぶる青春に翻弄されるスイちゃんなのかな。

或いは、ニコ生に気を取られてたから不満が爆発したのか。

夜の放鳥時には、甘えたれスイちゃんでしたよ。(ニコ生終わってた)

気がつくとお顔が白くなってた。(まだツノツノだけど)

ちょっと大人の顔になったな。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted by otama at 22:59
TrackBack
このエントリーのトラックバックURL:

※商品宣伝等のトラックバックは削除する場合があります。
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?