2011年7月21日

鼻血効果

ナイスなブログ見つけた。

鼻血効果

俺もそう思う。

実体験が、そう語る。

何年か前に、雲にちょっとだけ興味を持って、毎日雲の様子を観察したことがあるのだけれど、
不気味っぽい雲や、竜巻状になった雲などは、毎日のように観察できた。

そして、その後巨大地震が起きたことはなかった。

とにかく毎日目にするので、雲の観察はすぐ飽きてしまった。

赤い月は、たまに見るけど、地震起きたことないし。

こないだも、どこぞのブログで「また鯨が浜辺に打ち上がっていた。巨大地震が来るかも!」みたいなニュースを掲載していて、「えええ」と思い本文を見てみたら2頭とか。

いや。NZんときも、311んときも鯨は数十頭単位で打ち上がっているので、せめてその程度打ちあがってからニュースにしてくれろ、と思った。

ちょっと話ずれたけど、まぁ、そんな感じ。

とはいえ、低線量の被曝はしているわけなので、安心安全ではまったくないのですけどね。

今は牛がクローズアップされてるけど、野菜だって豚や鳥だって、お魚だって、もう安心安全なものはないのだ、という事実には打ちのめされる。

私ぐらいの年になっちゃえば、もう、いいんだけどさ。

子供とか若い人とかがねー・・・。

でもって、何も安定してないのに「第一ステップ完了」とか言っちゃう政府とか、どうしても原発維持したい自民党とか、色々隠したい東電とか。

毎日絶望の上塗りですが、目をそらす訳にはいかんのですわね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted by otama at 22:51
TrackBack
このエントリーのトラックバックURL:

※商品宣伝等のトラックバックは削除する場合があります。
コメント

爆発後に黄色い粉があちこちで観測され
放射性物質と何か関係があるのでは!?
と騒がれて
それは花粉だよ、と気象予報士はテレビで言った。
でもあんなに黄色い粉が吹きだまってるのを今まで見たことがない!
って言ってる人がいて
(私は毎年見てたよ、花粉量が多い年は特に)
と心の中でそっと呟いたのであった。
人間って結構いろんなことに気付かずに生きてるものですね。
日ごろからいろんなことを観察せねば。

Posted by: 土方 at 2011/07/22 16:45

>土方さん
結局そうなんだよね。
今年は蝉が鳴かない、とあちこちで言われてるけど
去年も一昨年もあんまり鳴いてないんだよねぇ。
確か日記にも書いたはず。。

日常と違うなってのは、日常をちゃんと観察してないと言えないですよね。

Posted by: otama at 2011/07/26 00:09
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?