2009年8月14日

陶芸体験

友達の友達が陶芸をやらせてくれる、というので、三浦海岸まで小旅行。

この夏休み最大のイベントです。w

横浜で崎陽軒のシューマイ弁当を持って京浜急行で三浦海岸へ。
あ、三崎口の一個前の駅だ。(行くまで知らなかった)
なんだ、昼寿司でもよかったじゃんー、とか思いつつ、約束の場所へ。

シューマイ弁当を食べつつ今日の製作プランを練る。
見せてもらった刺身醤油の小皿が可愛かったので、まず手始めにそれを作ることに。
そして、最終的には電動ろくろで茶碗を!(夢)

友達は「すり鉢が欲しい!」と言い出し、すり鉢作り一本で。

製作は意外とスンナリ。醤油小皿を4枚作成した後、電動ろくろに挑戦。
中心を取るところからちょいちょい陶芸の先生に手伝ってもらいつつ、茶碗作りに突入。
1回目、どうしても小鉢→茶碗への変貌が遂げられず、仕切りなおし。
2回目、結構イイ線いったんだけど、水のつけすぎで重力に耐えられず仕切りなおし。
3回目に水の量に気をつけて、何とか「いいんじゃねーのか」的なモノが出来て、電動ろくろ部終了。
(仕切りなおし部分は全て先生任せで・・・)

友達は手びねりですり鉢型をこさえた後は、延々とすりばちる「溝」の作成に励んでいる。

あまった時間でグラタン皿を!と手びねりに挑戦。
難しいよ、ママン。
かなり適当なグラタン皿を作るも途中で面倒になって「コレでよし」な感じで終了。

っていうか、お皿も茶碗も一個づつだよ、お一人様だよ。

醤油小皿は4枚組って縁起悪いよ。

醤油小皿は、ちょっと大きめ2枚、小さめ2枚だったので、2枚2枚と数えることで縁起の悪さをカバー。

5時に終わって、近所の喫茶店でお茶。
おなかがすいたので、スシローへ!となったのですが、スシロー大混雑で60分待ちとかだったので
駅の近くのちょっと高めの回転寿司屋へ。

青魚がうまくて死ねる。
特に、いわしとサバがうまくて・・・。

焼き物は、素焼きして貰った後はどうなるのか、誰も知らない・・・。
釉薬掛けて本焼きは一体誰が・・・。

でも、使う気満々なんですけど。

いつ頃手元に来るか、霧の奥深く。

あーーーー、楽しかった!

でも、写真一枚も撮ってねぇや。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted by otama at 23:01
TrackBack
このエントリーのトラックバックURL:

※商品宣伝等のトラックバックは削除する場合があります。
コメント

楽しそうで良かったー。
知ってたかどうか、うちの父は引退後からそーとー陶芸に傾注しており、
小さい電気窯なら拙宅にあるぞよ。
帰省時期が合えば、うちにも焼きにおいでー。

Posted by: ぼの at 2009/08/15 17:51

>ぼのちゃん
ええ。楽しかったです。
そして、アナタのお父様のことは常に頭にありましてよ>陶芸にあたって
帰省時期があえば、是非お邪魔したいところです。

Posted by: otama at 2009/08/16 10:52
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?