2006年7月30日

デジタル放送のコピー制限緩和?

どの辺が魅力的なのか全くわからなかったデジタル放送。
コピーワンスだし、コピーワンスだし、コピーワンスだし。

2011年に完全にデジタル放送に切り替わる、と言うCMを今頻繁にやっていますが、
その時にはもうテレビともオサラバかなぁ、と思ってた。

PC用のチューナーが出るなら、それを買おうかなぁ、
まぁ、別に見れなくなってもいいや、ぐらいで。

オレだけなのかなぁ、と思っていたんですが
やはり似たような理由で多くの人が買い渋っていたようで、
コピー制限の緩和方面に動き始めたようです。

デジタル放送のコピー制限緩和?【スラッシュドット】

スラドのリンク先の日経をみると

 録画制限が緩和されると、個人利用の範囲で番組をDVDなどに何度もコピーできるほか、繰り返しの編集も可能。政府はアナログ放送並みの利便性を確保することで、デジタルへの移行に弾みをつける。

そだよね。今まで出来た事が出来なくなって、オマケに新しい機器に買い換えて、期限を切られる、というのはどうにも移行気分がそそられない。そそられないどころか、「もういいや」的な考えになっちゃう。

スラドのコメントより

そもそもコピーワンスの仕組みを作ったのは誰か?
→いくつかの家電メーカーが中心に作った。
 著作権団体や放送局に技術自体は無いもんね。

運良く(?)その場で議論に参加してた私から言わせていただくと、家電メーカー側の意見は多少の違いはあるにしても「コピーワンスのような行き過ぎたコピーコントロールはユーザ離れを起こすだけなのでやめたほうがいい」という話だったという記憶があります。

結局議論の流れとしてはコンテンツホルダー側の代弁をする存在でもあるテレビ局の方々と政府の方々の強い強い強いご意向により、従来のような補償金制度から一歩踏み出してコピーをコントロールする方向(つまりはコピーワンス)という結論に至ることになっていたはずです。

あらやっぱり。
強制的にデジタルにすれば、ユーザーも渋々従うだろう、という腹だったのでしょうが、
「んじゃ、見ない」な人が存外多かったのかもしれませんね。

オレ的には移行が進まなければ、2011年と言う制限が延びるかなぁと思ってたんですが
制限緩和という策で対抗してきたようです。

が、全部移行が終わった後、「やっぱり制限掛けちゃおう☆」とかも出来るんじゃん?と言う疑いも捨てきれないデスネ。

やつらがやることは概ね信用出来ネ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted by otama at 21:05
TrackBack
このエントリーのトラックバックURL:

※商品宣伝等のトラックバックは削除する場合があります。
コメント

>全部移行が終わった後、「やっぱり制限掛けちゃおう☆」とかも出来るんじゃん?と言う疑いも捨てきれないデスネ

そうっすね。
そうやって業界が自分で自分の首絞めたりするわけですよね。

そうしてるうちに他のメディアが伸びてきて、そうすると、じゃあそれを圧力かけて潰してしまえとか。

ホリエモンはそれで潰されたと言ってる人もいるんですよ。

Posted by: visha at 2006/07/31 02:07

うち、超田舎、CATV入ったけど、競合ないから高いわ、なんだわ…
しかも、チャンネル数増えてみても、中身がアレでソレなんで
正直、金払ってまでみる価値あるのかしらん と悩み中の今日この頃。
実は、デジタルなんたらも、強制移行させられるなら、TV捨てようかなと思っていましたw
あっちの人の言い分もわかるけど、それ以前にもっと「見たい」と思うコンテンツを作って下さいよ。

Posted by: MAO at 2006/07/31 09:31

コピーワンスじゃなかったら・・・前撮った舞台のDVDちゃんと焼いてあげれたのにね・・・

Posted by: なお at 2006/07/31 16:27

>Vishaさん
本当にやりかねないですからね>利権の人たち
後世に何も残らなくても、自分らが儲かればそれでOKなんでしょう。

>MAOさん
競合がないから高い。。。それは・・。
お金出しても見たいのは、スカパでも数チャンネルですわ。
シアターチャンネルとアニマルプラネット。(笑)
このままだったら、デジタル化とともに、テレビとオサラバです。私も。

>なおちゃん
そうなのよね。。。。(;_;)

Posted by: otama at 2006/07/31 23:25
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?